Q&A

共通

見積もりは無料ですか?

はい。初回のヒアリングとお見積りまでは無料でさせていただいております。

建築中の現場は見ることができますか?モデルハウスはありますか?

いつでも見学することができます。モデルハウスもございます。ご都合のよい日にお越しください。

建築にかかる期間はどの位ですか?

建物にもよりますが、だいたい3ヶ月~4カ月と考えていただけると助かります。

リフォームでもらえる助成金と補助金は何が違うのですか?

制度にほとんど違いはありません。住宅一部をリフォームする場合に適用される助成金もあります。例えば窓の交換や設備の交換、長期優良の認定住宅の場合は住宅全体が審査の対象となります。

住みながらのリフォーム工事は可能ですか?

リフォーム中の住みやすさ、工事の進め方を考慮しますと、極力仮住まいされることをお勧めいたします。

共働きなので平日昼間は家に誰もいなくなってしまうのですが、リフォーム工事は可能でしょうか?

はい。お客様のご事情に合わせて工事をさせていただきます。

予算の範囲内でプランを出してもらえますか?

もちろん、お客様のご予算内でご提案させていただきます。

「リフォーム」と「再生住宅」はどう違うのですか?

認定住宅の申請を行うかどうかの違いです。認定を受けると、税金面で優遇されることがあります。

再生住宅

保障やメンテナンスはどうなっていますか?

5年の瑕疵保証保険にご加入いただくことが必須となっております。

ローンの相談にはのっていただけますか?

はい。お客様のご要望にあったローンのご提案をいたします。

間取り変更はどこまで可能ですか?

大きな構造の変更はできかねますが、できる限りご希望の間取りになるようお客様とご相談させていただきます。

再生住宅にすると、物件の資産価値は上がりますか?

公的に認められた住宅になりますので、当然評価も上がると思います。

再生住宅のメリット・デメリットは?

所得税での住宅ローン控除で優遇、不動産取得税が減税されるなど、さまざまな税金面でのメリットがあります。
デメリットを上げるとすると、工事期間中に仮住まいが必要となる場合があることです。
また、着工までに時間が必要、申請費用などのコスト、定期点検が必要な点などがデメリットとも言えます。

再生できない部分はありますか?

基本的にはありません。
ただし、補強や一部の取り替えはいたしますが、新築住宅ではないため、すべてが新品になるわけではありません。構造(基礎、柱、梁等)はできる限り現状を活かし、補強して新築住宅の性能を確保します。

リフォーム

古い家をその都度修繕するのと、大規模リフォームするのと、どちらが良いですか?

古い家の不具合を少しずつ修繕していくリフォームは、満足できる住み心地を得ることが難しくなります。住宅の性能を向上させ、ストレスのない生活を送るためには、思い切って大規模リフォームを行う方が、結果的には住み心地などでご満足いただけるでしょう。

古い木造の家が、冬寒くて困っています。リフォームで解決できますか?

ご要望を伺ったうえで、断熱、換気、気密性能の高い住宅をご提案し、リフォームで解決していきます。(札幌市の認定住宅となります)

借地の家のリフォームでもローンを利用できますか?

はい。ローンをご利用いただけます。

屋根裏収納(ロフト)を造るリフォームは可能ですか?

はい。屋根裏収納を造ることは可能です。

お問い合わせ

ページ最上部へ